スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

STIHL社の目立てマニュアル。

こんなものを手に入れました。↓

 

 

STIHL社の目立て教本です。

 

 

 

なんと全33ページ!

 

排気量?バーの長さ?確かにそれも大事。

しかしながら、たかが目立てではないんですねー。

そう、木こり職人は目立てに始まり目立てに終わるのです。

目立てが素晴らしければクリだろうがナラだろうが、はたまたケヤキだろうがバカスカ

伐れるんす。

 

カッター部の目立て(治具の使い方も)はもちろんのこと、デプスの調整や、ガイドバー、

スプロケの整備、様々なトラブルシューティングまで、今までよく目にする、ベタな説明にとどまらず、

CGの画像付きで理路整然と体型的に説明されています。

 

今まで、youtubeの動画や、ブログの説明などを参考にして来ましたが、コレ、とにかく解り易い。

ついでに講義も受けて来ちゃいました。

価格が表示されていないので、非売品かもしれませんが、STIHL代理店で手に入るかも。

 

先日の現場でも、この本を参考に目立てをしたんですが、ゼッコーッチョーでバカスカ伐れましたよ。

 

チェーンソーユーザーの皆さん、ぜひご参考ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

頑張れ!キャタトラちゃん

我が社の遅れてきたルーキー「やまびこX号」です。↓

 

 

 

型は古いがシケには強い、いや、型はそこそこ古いがぬかるんだ坂道もガンガン登ります。

 

 

 

 

驚くべきはその燃費。なんとリッター1キロ!140円で1キロしか走りません。

麓から現場までは急峻な坂道なので、行って帰ってくるだけで5〜600円の出費です。

東横線でももっと走ります。V12気筒、世界が誇るスーパーカー、ランボルギーニディアボロス(?)

も真っ青の燃費です。

ガソリン垂れ流して‥というよりは、ブチまけながらと言った方がしっくりくるでしょう。

このキャタトラのガソリン代を捻出すべく、本日も社長はバカスカ伐ったのでした。

 

 

「キャタトラちゃん❤ 明日のガソリン代、稼いだよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

 

連休中も、

連休中も、世の中は黄金週間真っ只中ですが、 我が会津の与作社は無給、いや、無休で働いております。

山菜シーズンを終えた山中は下草も鬱蒼と生い茂り、緑も濃さをより増して来ました。

社長も世の喧騒を下目に、バカスカバカスカバカスカスカスカ伐っております。↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話はかわるのですが、現在、伐採しております現場には、クロモジという木が多数自生しております。

この「クロモジ」、香りが良く様々な利用法があるようで、

精油を抽出したり、葉枝を茶にして飲んだり、はたまた苗自体を販売してみたり。

このままただ生やしておくのも何かと、 色々な形で製品化できないものかと、目下思案中でございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

久々の伐採。

今シーズンの薪の配達もひと段落して、また伐採作業が始まりました。

夏場に伐採をしております現場は、積雪で道路が封鎖されているため、

現在伐採している現場は、除雪された公道近くの現場です。

 

 

現場近くまで除雪されているため、搬出がとても楽。

その代わりと言っちゃなんですが、伐採がとても苦。

 

俗に、「バカと煙は高いところがスキ!」なんてことを申します。

私はバカですが、高い所はそんなに好きじゃありません。

あまりの高さに腰も引け気味、下っ腹がモヤモヤします。

 

そこからダイブすれば多分楽になれるんでしょうが、

我が会津の与作社の薪を心待ちにしておられますお客様のために、

目の眩むような崖っぷち(場所により逆バンク。)で頑張ってまいりました。

 

画像で判るかな〜。

きり通しの崖っぷちのような(斜度は画像のつららをご参照下さい。)

現場での伐採です。↓

 

 

崖の上で伐採→下の道路で待っているユンボが処理。

という連携プレーによる作業です。

 

下で社長がユンボで処理中、崖の上から社長めがけて木を切り倒す訳にもいかない為、

(「いや、倒してみても逆に面白いかな〜」なんて思いつつ。)

下が片付くまで私は冷たい雨の中、ひたすらウェイティング状態です。

昼からの雨で、足元の雪が溶け出し、踏ん張りが効かなくなった為、早々に終了です。

 

本日は掛かり木3本、ヒヤリハット2件、現場は危ないほど楽しいですね。

なんとか無事怪我もなく生還いたしましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は

カメラを車内に置き忘れてしまったため、残念ながらアツい現場の画像をお伝えすることができません。
その代わりと言っちゃぁナンですが、現場から降りてきたところを、車内に忘れたカメラでパチリ。



↑前から、もりちゃんのデリカ号(ちょっとレトロ)、社長のデルタ号(けっこうレトロ)

ダイハツデルタ号なんですが、社長曰く、「マニアにだったら譲っても良い。」そうです。
ちなみに、要現車確認。価格は応相談。


そして、

↑キャタトラ一号(かなりレトロ)


以上、レトロ色溢れる現場からでした。



































山を移りました。

みなさん、お元気ですか〜?

我が「会津の与作」社では、冬場伐採をしておりました現場を一旦終了し、
別の現場へと移動しました。

6月初めより伐採を開始したのですが、まだ現場は鬱蒼とした森で、樹種も以前の現場より豊富、
見た事のない木が色々と生えております。
現場も平場なので、作業環境も良く伐採のペースは絶好調。



↑昨日は朝っぱらからバカスカバカスカ伐りましたよ。10本以上伐ったかな?

最近、ここ会津地方では、クマの出没が相次ぐのですが、我が社の現場もごたぶんにもれず。

↓こんな感じでございます。

比較対象の手の幅約20cm。デカイよ。クマの手。
この手からすると、クマ自体相当デカイ。
クマが爪を研ぐ木というのは、なぜかホウノキばかり。何かあるんでしょうね。





























 

今更ですが、

会津の与作をご利用の皆様、あけましておめでとうございます。
早速ですが、本年度も増大の一途を辿るお客様の需要にお応えすべく、
ジャンジャンバリバリ伐りまくっております。
冬場の仕事は積雪のおかげで下草を気にせず伐採、玉切りができるので、
結構、効率が上がるんです。

与作社長も本年度は業績絶好調に伴い、高額な新機種を導入し‥


 ↑ ZENOAH G4501 18inchスプロケットノーズバー

気合が入っております。

こちらは、本日の楢の木、特大一等賞です↓


先ずは、受け口を入れ、(受け口「下」の切り込み)



(受け口「上」の切り込み)


今度は、逆サイドから追い込んで行きます。木の重心は谷側なんですが、勾配がきついので、社長は向かって右側
(始めに切った受け口方向)に倒そうとしてます。さぁ、うまく倒れるでしょうか?



伐倒完了。社長ご満悦。と、思いきや‥




懸かり木にしてしまいました。ちゃんちゃん。





てな感じで、雨の日も風の日も雪の日も、日夜伐採に勤しんでおります。
本年度も、会津の与作を宜しくお願い申し上げます。

















































































与作より、お知らせです。

福島県南会津の奥山に、農家民宿がオープンしました。
名前は、「けやきの家」です。

「けやきの家」は、金山町の山入地区にあり、周囲は豊かな森林におおわれています。
金山町を訪れた方へ、昔懐かしい田舎の家の雰囲気や、農業体験、周囲の自然体験、
手作りの 料理などを楽しんでいただき、心の癒しになれば幸いです。

けやきの家では次のような体験メニューを考えています。

1.薪ストーブ用のまき割り 2.畑の草取り 3.野菜の収穫 4.水稲関係の手伝い(季節によりさまざま)
5.野菜畑の資材等整理6.鮭立磨崖仏の見学 7.松坂峠の癒しの森見学 8.自家栽培の野菜・米による食事
9.地元産の山菜、きのこ等による食事 …などなど。

みなさん、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

農家民宿「けやきの家」連絡先
福島県大沼郡金山町大字山入字藤倉居平4151
栗城 英雄(くりき てるお)
☎0241―56―4375(FAX兼用)
携帯 090-5597-6436
メールアドレス teruo@forest.ocn.ne.jp

























好評につき、今年も作りました。

「木こりのローソク」です。

玉切りにした松の木にチェーンソーで切れ目を入れたものなのですが、
まあ、これがよく燃えるわけです。


このように、切れ目の上で細技を燃やしますと、熾が下に向かって沈んでゆき、



無秩序に燃え広がることもなく、ローソク状に行儀よく燃え続けてくれます。



太さや、長さ次第ですが、一晩中燃やすことも可能です。






























 

美里の黒真珠。

もりのくまさんも、奥山里山に飽き足らず、街にまで足を伸ばし、人肉を喰い散らかす今日この頃。

山人のみなさん、お元気ですか〜?生きてますか〜。
ご多分に漏れず、ここ、美里の山もこのありさま。


↑何か判ります?



↑ど〜ですか〜〜〜!この黒真珠!!

ご立派です。黒光りしてます。しかしなんでこんなにクロいの?良く燃えそう。
クマの胆汁は古くから体に良いとされているようですが、ウンコじゃダメなのか?

クマは生来用心深く、ブッシュづたいに歩き回るそうですが、そんなクマが、なんで路上で脱糞するの?

人肉は喰うし、路上でクソはするし。

とうとう、クマのパラダイムもシフトしちゃったのかな?