スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

デルタ号、嬉しい悲鳴。

こちらは晩秋、デルタ号での運搬風景。



この日は、雨上がりで作業道は濡れておりました。
愛車デルタ号、老車にムチ打ち3回運搬。
片道23kmの3回往復で合計138kmの道のり。
ただでさえアップダウンの激しい山道。
燃費の悪いデルタ号は、リッター123円のガソリンを垂れ流し、ブレーキをキーキー言わせ、
嬉しい(?)悲鳴をあげております。

オレも疲れたので、帰ったら即、晩酌。
芋焼酎お湯割りで一人宴会。
嬉しい悲鳴をあげております。

赤松大量搬送。


本年度の広葉樹伐採、薪割りは一段落つきました。が、
広葉樹を伐採した後にポツポツ生えている赤松が気になってしまい、 本日、大量伐採、搬入致しました。





松の木は、ヤニが多いと敬遠されがちですが、逆に言えば、可燃性物質が多量に含まれているという事。 乾燥を充分にし、ドラフトの確保された炉内に投入すれば完全燃焼致します。

朝寒くて室温を早く上げたい時、外出から戻りストーブに熾きが残っている時。
そんな時は、松の木の出番。
あっという間に室温が上昇します。
マッドマックスのニトロスイッチです。

長時間燃焼や、空気流量を絞っての、チョロ燃やし状態には適しませんが、 使い方によってはその効力を
絶大に発揮致します。

ご入用の方はお問い合わせください。

本日は、

以前より、いつか伐らねばと思っておりました

ポツンとそびえる一本松なんですが、




伐ってみました。


根元の直径が60cm。16インチのバーが届きません。
立った状態ではそう高く見えませんが、
斬り倒して見ると、25メートルありました。
これで、木こりのローソク250個は作れます。(嘘。)

がんばれデルタ号。

がっつり積んでまいりました。
リアのリーフが逆アーチを描いております。
3mのナラの木が1本ン百Kgとして、うん本だから、シメて、ん〜t。

デルタ号が、「おもいよ〜。勘弁してよ〜。」と言っております。

長尺の原木の搬出は今月一杯です。






かせき○い オレのからだは 汗臭い

まつざきまこと でございます。

暑さ寒さも彼岸まで

酷暑が続きますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

本日の会津の最高気温は、35℃と報じられておりましたが、直射日光の下は
もっと暑いという事。
いや、直射日光や紫外線なんて言葉じゃ生易しい。 もはや、殺人光線です。
先週あたりからツムジの辺りをズビビビーーーーーッとやられっぱなしです。
立ってるだけで汗が滝のように噴き出し気が遠くなるところ、ヘッド重量3.3kgの斧を
渾身の力で日々振り回しております。


↑露出オーバーなんじゃなくて、こんだけ日差しが強いとゆーこと。

話は変わりますが、お客様より「焚き付けはないのか?」という問い合わせを
頂く事が多々あります。
今年は、焚き付けを商品化する予定です。
焚き付けの詳細、画像はHPの方に後ほどアップする予定です。